この春、わたしたちは環境とともに歩み続けて、ちょうど二十歳を迎えることができました。そして、少し見えてきたことがあります。その視点を大切に生かしながら、新たなる目標とともに進んでいきます。これからも、ご理解とご支援を宜しくお願いいたします。



■社 名:有限会社ネイティブサイン&デザイン研究所
     NativeSign&DesignLab
■設 立:平成4年4月
■資本金:¥10,000,000
■代表取締役:柳 沼  晋
■所員/外部所員数:3名/3名
■本店/所在地:〒980-0813 仙台市青葉区米ヶ袋1丁目6-2-403
■ラボ/所在地:〒905-0702 沖縄県島尻郡伊平屋村字前泊259
■TEL/FAX:022-346-6781/022-346-6782
■URL:http//www.nsdl.co.jp
■email:nsdl@nsdl.co.jp
■業務内容:平成4年に事務所を開設してからこれまで大規模な開発から小規模なものまで多種多様な事業に携わる。クライアントは民間コンサルタント、民間事業者をはじめ、宮城県、仙台市などの地方自治体など様々。
[環境調査・環境アセスメント]
 東北地方を中心に環境調査、環境アセスメントなどの現況調査が主体。分野は自然環境をはじめ、生活環境、社会環境、地域環境と多岐にわたる。
[環境計画・地域計画・公園計画]
 平成15年から調査主体から計画系への事業拡大を試み、社名も設立時のネイティブサインにデザインdesignを加え、現在の有限会社ネイティブサイン&デザイン研究所とし、環境からの計画に取り組む。
[環境保全事業]
 環境調査を実施した結果、保全すべきRDB種などの移植、移植池設置とともに、その後のモニタリング調査までを一貫して実施。
[広報・web製作]
 主に環境に関わるパンフ、ガイドブック、自治体の環境分野のHPなどを手がける。

■沿 革:平成4年4月、有限会社ネイティブサイン研究所(設立時)は、清流広瀬川河畔の霊屋橋に事務所を置き、河畔や水辺で営みをみせる鳥たち、夏の河原のカジカの鳴き声、川面に群れる魚影をみせる魚たちとともに歩みはじめました。設立当初は環境調査、環境アセスメントを中心とした環境系の業務に従事し、地域環境への貢献をめざす。平成7年6月に資本金を1,000万円に増資。平成14年12月に計画系専門スタッフの参画とともに社名を有限会社ネイティブサイン&デザイン研究所に変更。翌平成15年10月に都市及び地方計画部門で建設コンサルタント登録、予ねてよりめざしていた調査、計画の一貫性ある体勢を整え、地域への積極的な貢献をめざす。平成16年4月に広報系専門スタッフの参画とともに調査、計画、広報(発信)へと展開する。平成17年2月に今後のあり方を模索。「風土deサイン」を今後の中心的活動とすることを確認し、多くの問題を抱える地域への更なる貢献をめざす。平成16年いのちの環境教育をミッションとしたNPOシンプル&スローライフと連携し、小学校、幼稚園、公民館などでワークショップを展開。平成20年10月農風土という別会社を設立。地域に根ざした農的暮らしを実践する場として展開。3.11震災後、かねてから交流のあった琉球弧に拠点を開設。これまでの自然、環境からより深化した自然史、文化史、精神史を視点とした活動を展開中。

kkglogo1.png